title

ツゲインジェルの副作用

ツゲインジェルの副作用

ツゲインジェルを使用した際には副作用が発生する恐れがあります。副作用は軽度の症状だけでなく重度の症状も存在しています。そして症状の中には、一見するとツゲインジェルの効果が正常に現れていないように感じるような症状もあります。

副作用について正しく知り、安全に使用するようにしましょう。

皮膚におこる副作用

最初に紹介するのは皮膚症状です。皮膚に対して起こる副作用、そしてモニター調査によって発覚した各症状の発症確率は以下のとおりです。

・かゆみ 発症確率:4%
・発疹 発症確率:1.4%
・ふけ 発症確率:1%
・皮膚炎 発症確率:1%
・紅斑 発症確率:1%
・刺激感 発症確率:1%未満
・乾燥 発症確率:1%未満

副作用の発生確率自体比較的低いため、安心して使用できる製品となっていますが、最も多い副作用として痒み、次に発疹といった症状があります。

これらの症状はミノキシジルが原因となって発生する症状ではなく、ジェルに配合されるアルコールなどの成分が原因で発生する症状と言われています。

したがって、ツゲインジェルを使用する際にミノキシジルが直接原因となる症状に対して過度な不安を感じる必要はありません。

また、ミノキシジルを配合した発毛剤を使用した際には初期脱毛と呼ばれる抜け毛の症状が現れる場合があります。この症状は髪の成長サイクルが正常化する過程で発生する脱毛症のため、症状が治まった後、正常な成長サイクルの髪が生えてくるため、不安を感じる必要はありません。

精神神経系におこる副作用

次に紹介する症状は精神神経系のトラブルです。

副作用として発生する恐れのある症状、そしてモニター調査で発覚した症状の発生率は以下のとおりです。

・頭痛 発症確率:1%未満
・めまい 発症確率:1%未満

以上の症状が報告されています。

精神神経系の症状は元々有効成分であるミノキシジルが高血圧の治療薬として開発されていたことから起こる症状で、一時的に血圧が下がり、低血圧となることによって発生する症状です。

しかし内服薬として使用するミノキシジル製剤と違い、頭皮に対して使用するツゲインジェルは体内の器官に影響を与える副作用が起こりにくい傾向にあります。したがって、精神神経系の副作用も発生確率が非常に低くなっています。

循環器系に起こる副作用

3つ目に紹介するのは循環器系の副作用です。

症状と発症確率は以下のとおりです。

・動悸 発症確率:1%未満
・血圧上昇 発症確率:1%未満

以上になります。

これらの症状も精神神経系の症状と同じく、高血圧の治療薬として開発されたミノキシジルを使用する際に発生する症状で、血管がミノキシジルの作用によって拡張することによって起こる症状です。

発症時にも過剰な不安を感じる必要は特にありませんが、心疾患を初め循環器系の疾患を発症している人が使用した場合、重篤な副作用を引き起こす恐れがあります。

循環器系の疾患を発症している人は、上記の副作用に対して注意をはらいながら使用するようにしましょう。

代謝系に起こる副作用

最後に代謝系の副作用に関してです。

この症状もミノキシジルが吸収されることによって起こる副作用で、具体的な症状と発症確率は以下のとおりです。

・体重の増加 発症確率:1%未満
・手足のむくみ 発症確率:1%未満

これらの症状が発生する原因として、腎臓に対しての負荷が増加することが挙げられています。身体に吸収されたミノキシジルは尿と共に排出されていくため、腎臓に対して大きな負荷がかかります。

その結果、腎臓の利尿作用が低下してしまい、排出されずに体内に残った水分が細胞に蓄積され、むくみの症状や水分の増加といった症状が現れるようになります。ツゲインジェルを使用する際には利尿作用のある食品を多く摂り尿を多く出すなどの工夫を取ると良いでしょう。