title

ツゲインジェルを購入するには

ツゲインジェルは国内では未承認

ツゲインジェルは非常に優れた育毛効果のある製品ですが、難点として未承認薬であるという点があります。

未承認薬というのは、使用時に発生する作用や副作用に対しての安全性が確認できていないなどの理由により、病院や薬局での処方と販売が認められていない医薬品のことです。

したがって、ツゲインジェルは一般的な医療機関や薬局などでは入手することができません。

そのため、ツゲインジェルを購入する際には一般的な医薬品の購入方法とは少々違った方法での購入を行う必要があります。その方法というのは、通販を利用して購入するという方法です。

ここではツゲインジェルを通販で購入する方法や通販のメリット・デメリットについて紹介します。

ツゲインジェルを購入するなら個人輸入で

ツゲインジェルは日本では未承認薬となっているため、医療機関や店舗での処方・販売が行われていません。したがって、入手するためには海外医薬品を販売する通販サイトを利用し「個人輸入」というシステムを利用した上で購入する必要があります。

この個人輸入を利用した場合、使用目的は個人利用のみと限定されますが、通関手続きのみで海外で販売される未承認薬などを輸入することができます。

ツゲインジェルを購入する際にはこの個人輸入を用いた通販の利用が非常にオススメできます。

個人輸入のいいところ

個人輸入を利用するメリットは多数ありますが、その中でも大きなメリットは「価格」そして「便利さ」の2つです。

リアップなどミノキシジルを配合した医薬品というのは、長期的な利用を前提として制造されています。

しかし国内でのリアップ販売価格というのは決して安くはなく、長期間使用し続けるとなると決して馬鹿には出来ない金額の出費が発生します。

海外で販売される未承認薬というのは、国内で販売されているリアップと比べても安く料金設定がされており、配送料などを含めてもリアップの継続購入より低価格での購入が可能となります。つまり金銭的な負担が非常に少なくなるということです。

次に便利さに関すること。

個人輸入を利用した通販というのは、本来海外で販売されている医薬品を購入する際に必要となる多くの手続きをすべて省き、商品を注文した後はただ届くのを待つだけで良いという特徴があります。

本来医薬品を輸入する場合、專門の販売業者が税関や厚生労働大臣、地方厚生局などに対して輸入に必要な書類を送る必要があります。

しかし個人輸入の場合、そういった手続きが一切必要なくなり、誰でもツゲインジェルなどの医薬品を購入できるため、非常に便利であるといえます。

個人輸入の悪いところ

次に個人輸入を利用するデメリットですが、まず商品の到着に時間が掛かるという点があります。個人輸入を利用した場合、インドやシンガポール、中国といった海外から日本に向かって商品が送られてくるため、注文を完了してから到着迄に1週間以上の時間が必要となります。

そして次に購入できる物の数に関する制限です。

日本には薬機法という法律が存在しており、この法律によって購入できる医薬品の種類、数といったものが制限されているため、購入時には薬機法に反しないよう商品の注文を行う必要があります。

最後に悪質なサイトの存在です。

個人輸入を利用し、医薬品の購入が可能な通販サイトの中には悪質な業者が運営する通販サイトが存在しており、そういったサイトでは粗悪品や偽装品の医薬品が販売されています。

それらの製品を使用した場合、効果が現れないのであればまだ問題ありませんが、時には重い副作用や重大な健康被害を受ける可能性があります。

したがって、利用する通販サイトを信頼の置けるものにするなど、利用する場所に関する注意を払う必要があります。