title

AGAの原因と症状

AGAの原因と症状

男性型脱毛症、一般にAGAと呼ばれる症状ですが、この症状は文字通り男性にのみ発症する薄毛や脱毛の症状です。

発症すると髪の生え際や頭頂部から髪が抜け落ち、長く太い髪が細く短いものへと変化し始め、最終的にはうぶ毛のようなパッと見た程度では分からない程に薄い状態へとなります。

AGAの発症原因となる要素は多数存在しており、原因毎に対策すべき事も違っています。

ここではどういった原因でAGAが発症するのか、というのを紹介していきます。

遺伝

最初に紹介する原因は遺伝です。

薄毛自体が遺伝と非常に深いつながりのある要素なのです。そしてAGAはその中でも特に遺伝によって発症する確率が高くなりやすく、男性の約25%が遺伝によってAGAを発症しやすくなっていると言われています。

薄毛の遺伝子を受け継ぐ先に関してですが、これは自分の母方の家系の遺伝子になります。

人間の性別を決める遺伝子の情報というのは、男性であれば母親からX染色体、父親からY染色体を受け継ぎます。

そしてAGAはX染色体の遺伝子情報に記憶されているため、AGAを発症する可能性を調べる際には、母型の家系を遡り、薄毛の人が居ないかどうかを探してみると良いでしょう。

注意点として、受け継ぐのはあくまで薄毛になりやすいかどうか、AGAになりやすいかどうか、という遺伝子の情報です。

したがって、母型の家系の男性が全員薄毛だからといって、100%薄毛になるというわけではないというのを知っておきましょう。

ストレス

次に紹介するAGAの原因はストレスです。ストレスというのは円形脱毛症を初め、多くの薄毛の原因となる要素ですが、AGAにも深いつながりがあります。

ストレスが身体に蓄積されると、身体の毛細血管が収縮し、血流が悪化します。

血流が悪化すると髪の成長に必要な栄養が毛根に対して送られにくくなり、その結果髪の成長速度が低下するなどの影響がでるようになります。

AGAも他の脱毛症と同じく血流の悪化で進行速度が加速していくため、毛根に対して十分な栄養が送られなくなると急激に進行が加速します。

したがって、ストレスが蓄積されると今まではAGA予備軍と呼ばれるような状態に合った人も、急激にAGAが進行してしまうようになるのです。

生活習慣の乱れ

AGAは生活習慣の悪化などによっても発症する症状です。別項でも紹介しますが、AGAというのは男性ホルモンと非常に深いつながりのある症状です。

したがって、男性ホルモンが体内でどれくらい分泌されるのかによっても症状の進行速度や発症の有無といった要素が変化します。

男性ホルモンのような性ホルモンというのは、運動不足や喫煙、飲酒などによっても分泌量に変化がでるため、生活習慣の悪化はAGAの進行を加速させます。

また、髪の成長は「成長ホルモン」と呼ばれる筋肉の発達や皮膚のターンオーバーに関係のあるホルモンとも関係があります。

したがって、睡眠不足などによって成長ホルモンの分泌が不足してしまうと髪の成長がうまく行われなくなってしまい、AGAが更に進行してしまうのです。

男性ホルモン

最後に最も大きな原因として挙げられているのは「男性ホルモン」による発症です。

男性ホルモンは骨や筋肉といったものを正常に成長させるために必要な性ホルモンですが、この男性ホルモンが原因となり、AGAは発症します。

AGAの原因となる男性ホルモンは「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる性ホルモンです。DHTは「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが「5αリダクターゼ」という酵素の働きによって変化し作られます。

DHTは非常に強い働きをする男性ホルモンで、胎児の性別を決定するなど非常に重要な働きをします。そのため、DHT自体は身体にとって有害なものではなく、必要不可欠な存在です。

しかしDHTはあまりに力が強すぎるあまり、成人男性の体内でDHTが多量に生成されると、毛根に存在する毛包や毛母細胞と呼ばれる髪の成長に関係する部位にダメージを与え、髪の成長を妨げます。

そうすると髪が本来よりも短い段階で抜け落ちるようになるなど、AGAの症状が現れるようになるのです。DHTを体内で生成する原因となる要素は多数存在していますが、その中でも特に大きな原因と言われているものに過度な飲酒、過度な運動、喫煙があります。

アルコールというのはテストステロンを減少させる働きがある物質であり、適量の摂取であればストレスの解消効果もあります。

しかし過度な摂取を行ってしまうと、体内でテストステロンが過剰に減少してしまい、減少した分を補うためにDHTが活発に活動を始め、その結果AGAを進行させてしまいます。

次に運動ですが、運動もストレスの解消効果があり、発汗によって体外に余計なDHTを排出させることができます。しかし運動をすると性ホルモンのテストステロンが体内で分泌されてしまいます。

テストステロンの分泌量は運動の負荷が上がるほど増加するため、過度な運動を行うと排出されるDHTよりも多くのテストステロンが分泌され手しまします。

そしてそのテストステロンが5αリダクターゼによってDHTへと変化してしまうことによって、AGAを発症・進行させてしまうのです。

最後に喫煙です。喫煙は血流の悪化やタールによる肺の汚染といった悪影響が発生しますが、それ以外にも喫煙によってDHTの分泌量が増加するということも知られています。

したがって、適度な減煙から徐々に禁煙を進めていくことによって、AGAの進行を抑制する事も可能となります。

男性ホルモンが原因となって起こるAGA、そして男性ホルモンによるAGAの進行速度を早める要素は以上のものになります。