title

ツゲインジェルはミノキシジル含有のAGA治療薬

ツゲインジェルはリアップのジェネリック薬

男性の悩みの種である薄毛、その中でもAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる症状の改善に用いる医薬品として「ツゲインジェル」という製品があります。

このツゲインジェルはロゲイン、日本ではリアップという名称で販売されているAGA治療薬をベースに製造された、ジェネリックと呼ばれる製品です。

非常に優れたAGA改善効果があるのは勿論、販売価格が非常に低価格に設定されている製品のため、ツゲインジェルは効果と価格のバランスが非常に良いという理由から、多くの人に愛用されています。

ジェネリック薬とは

ツゲインジェルはロゲインのジェネリックです、そう聞いてもジェネリックとはなんだろうか、という疑問を持ち、なるほどといえない人は多くいることでしょう。そういった人のために、ジェネリックというものについて簡単に紹介をします。

ジェネリック(ジェネリック医薬品)というものがどういったものかというと、これは既存の医薬品をモデルに、模倣するような形で製造されている医薬品のことを指します。

ツゲインジェルの場合、AGA治療薬として販売されたロゲインに使用されている成分やその配合量といった物を調べ、その情報を基に新たに配合を行った上で製造が行われています。

したがって、ツゲインジェルとロゲインは使用している成分の種類や量といった点に対して、そこまで大きな違いがないのです。

また、模倣する形で製造するということから販売に至るまでの間に新規開発が必要なく、短期間低予算で製造と販売ができるため、ジェネリックの医薬品はモデルとなった医薬品と比べて販売価格などが安く設定されています。

リアップとの相違点

ロゲインを基に作られたツゲインジェルには非常に多くの共通点が存在していますが、逆に相違点はどういったものがあるのかをここでは説明します。

まずすぐに分かる違いとしては、名称の違いです。

医薬品のジェネリックは先発薬の名称をそのまま使用することができないため、名称に違いが発生します。

そして販売価格、これに関しては別項で簡単に説明をしましたが、ジェネリックというのは既存の物を模倣し製造しているため、モデルとなった医薬品よりも製造にかかるコストが少なく、低価格での販売が可能となっています。そして薬の形状に関する違いもあります。

ジェネリックというのは使用している成分が同一であれば、形状を自由に変化させても問題がありません。そのため、既存のロゲインと比べてツゲインジェルは粘度が高く、患部に対して使用した際に薬液が流れ落ちにくくなっているなど、使用しやすくなるように工夫がされています。

最後に忘れてはいけない相違点として、製造元の製薬会社です。

ツゲインジェルの基となったロゲインはジョンソンエンドジョンソン社傘下のマクニール社が製造している製品です。

しかしツゲインジェルはインドの製薬会社であるシプラ社が製造を行っているため、製薬会社に大きな違いがあります。

有効成分ミノキシジル

ツゲインジェルは有効成分としてミノキシジルという成分が使用されています。ミノキシジルは非常に強い発毛作用がある物質で、現在販売されている発毛剤の多くでこのミノキシジルを有効成分として使用しています。

しかし実はミノキシジルというのは元々発毛剤として開発された成分ではありません。

ミノキシジルの開発が始まったのは1960年代、この時ミノキシジルは高血圧の治療を行う際に用いる降圧剤として開発されていました。

しかし思ったような効果が現れず、開発を中止することが決定し、実験用に使用していたミノキシジルを使用した試験薬を被験者から回収する事になりました。

一部の被験者からは回収が行えましたが、多くの被験者は試験薬の返却に応じずにいました。

その理由をヒアリングした所、どういうことかミノキシジルを服用し始めてから薄毛の症状が改善し始めたという報告が多数上がり始めました。そしてその報告を基に成分や効果の現れ方を調査した所、ミノキシジルに発毛効果があるということがわかり、それ以降ミノキシジルを使用した発毛剤の研究が始まり、1980年代からミノキシジルを使用した発毛剤が販売され始めました。

このような経緯でミノキシジルが成分として含まれる発毛剤は開発され、世界中で販売されるようになりました。